レクチャーシリーズ

2015年度レクチャーシリーズ第3回「歴史と建築」

2015年9月30日

倉方俊輔(建築史家、大阪市立大学准教授)
モデレーター:藤木竜也 准教授

2015年度の第3回目となるレクチャーシリーズは「歴史と建築」をテーマに、9月30日(水)の18時30分より建築史家で大阪市立大学准教授の倉方俊輔氏にお越しいただき、「未来の都市を過去の建築から -大阪「生きた建築」の試み-」と題して講演いただきました。

建築は使用者・利用者のためにつくられるものであるが、それをどのように街の記憶として広げ、そして受け継いでいくのかについて、“建築の楽しさ”をエネルギーに転じて、それをかけがえのない記憶として育むことが大事であるということを、倉方氏が大阪で取り組まれている『生きた建築ミュージアム』などの事例を取り上げつつレクチャーをしていただきました。建築史家の鋭い目線にユーモアを交えての軽妙な語り口に会場は大いに盛り上がりました。