山田丈富研究室


山田 丈富教授

鉄骨構造、アルミニウム建築構造、耐震構造

金属系の建築構造である鉄骨構造とアルミニウム構造の力学的性能に関する研究を行っている。それらについて材料・部材・接合部に関して実験や数値解析により検討し、合理的で安全な構造のディテールや設計式などの提案を行っている。これらの成果を通して、学協会の鋼構造設計規準、鉄骨工事標準仕様書・技術指針、アルミニウム建築構造設計規準や製作要領など、金属系構造の設計・施工規準の作成などに携わっている。

研究室のホームページへ


実大実験による構造部材の力学挙動の把握

大地震時において金属系構造は大変形し損傷しながら地震のエネルギーを吸収している。構造物の耐震性を高めるためには、素材の性能、柱や梁部材の塑性変形能力や部材同士をつなぐ接合部の力学的性能を把握する必要がある。そのために、実際に使用される大きさの試験体を製作し、それに実際に力を加えて実挙動を把握する載荷実験を実施している

コンピュータによる実挙動のシミュレーション

素材、部材や接合部の力学的性能を把握する為に、実大実験を実施しているが、実験に用いることのできる試験体数や実験により得られる力学情報は限られている。そこで、実験では得ることが難しい詳細な力学情報を取得したり、実験では実施できなかった条件の異なる場合の挙動を検討する為に、コンピュータを用いたFEM解析によるシミュレーションを実施している。