若山尚之研究室


若山 尚之教授

環境・エネルギー

大学を卒業以来、総合設計事務所にて多様な用途の建築における設備設計に従事。また、各種省エネ技術の導入を通じた検証、分析を多数行い、各々の研究に繋げてきた。本研究室ではこれまでの経験を踏まえて、建築設備の技術発展や環境建築のあるべき姿を追求すると共に、こういった先端技術を扱うことができる人材の育成を目指す。そのために必要な基礎的素養の養成を図り、その上に新しい技術を扱う能力を育成していく方針とする。


本質的な環境建築の実現に向けた取組

人々が生活する住宅や、仕事場となる建物の消費エネルギーは、その建築の断熱性能をはじめとする建物本体と、空調をはじめとする建築設備の省エネルギー性能によって決まってくる。従って建築本体の環境性能を高めると同時に建築設備の省エネ性能を高めることが重要である。本研究室では、この本質的な環境建築を実現するために、建築本体の環境性能向上と建築設備のシステムとしての効率向上を目指した研究を行っていく。

最先端の熱源設備に関する研究

建築設備の中でも熱源システムを高効率化することによる省エネルギー効果は高い。基本的には高効率な機種を選定し、熱源システムを構成することが基本となるが、熱源水の温度条件改善などシステムとして効率向上を図ることも有効である。そのための手法として地中熱や地下水を利用したシステムも導入促進が期待されている。本研究室ではこういった技術に関する研究も行い、新しい技術の発展や普及に寄与することを目指していく。